医療脱毛とは

医療脱毛とは、病院など医療機関で施術を行う脱毛法です。医療機関では、医療用のレーザーを照射して脱毛をするので、一度に広い範囲の脱毛が可能なうえ、痛みも輪ゴムでパチンと弾かれたような瞬間的な痛みなので十分我慢ができる範囲だといわれています。もし痛みに弱く我慢ができない場合でも、医療機関ですので麻酔クリームや笑気ガスが用意されているので心配は要りません。
レーザーが毛のメラニン色素に反応して熱を出し、毛を作りだす毛母細胞を破壊するので、二度と毛が生えなくなります。この細胞の破壊という行為が医療行為にあたる為、医療脱毛は医療機関でしか施術が許されていません。
安全性が非常に高い脱毛法ですが、レーザーが熱を出すことで毛穴周辺の皮膚が赤みを帯びたり、軽いやけどなどを起こすケースもあり注意が必要です。患部をよく冷やし清潔に保つことで、数日もたてば大抵は自然と治まってきますが、万が一肌トラブルが改善されない時には、施術を受けた病院で治療を受けるようにしてください。医療機関で施術を受けているので、すぐに医師による適切な治療が行われ症状が悪化することがなくたいへん安心です。
このように安全性の面から考えても医療脱毛はたいへんおすすめの脱毛法です。

コメントは受け付けていません。